/page/2
alina-chan:

わたしはあなたをわすれない

alina-chan:

わたしはあなたをわすれない

(via xomorickyxo)

ataru-mix:

1989年 スタジオジブリ「新人アニメーター募集のお知らせ」宮崎駿・画

歴史資料として。

(via otori-r)

ミュウツー役を市村が担当したのは湯山邦彦総監督の熱心な推薦によるものである。市村は「ミュウツーの性格はオペラ座の怪人そのまま」と分析して演じたと語っており[2]、実際にも脚本を担当した首藤剛志は生前のコラムにて、湯山が市村を推薦した理由を「劇団四季時代の市村の持ち役である『オペラ座の怪人』の主人公(怪人)は、才能がありながらも暗く屈折した人物像である点でミュウツーと同質の存在と捉えたため、彼が適任と考えたのだろう」と推測していた[3]

市村はミュウツーの役を気に入り、収録現場にはミュウツーの刺繍を施した自主制作のシャツで訪れて[2]、後に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』でミュウツーのアフレコを行った際も相当な熱演であったことが現場スタッフから語られている[4]

itigo:

おととしこさえたペーパー用

itigo:

おととしこさえたペーパー用

  • MJWF: 尼崎の事件は相関図みても理解する前に投げ出してたけど、これ読んだらだいたいわかった。 (血縁関係はあるけど…)サザエがノリスケと共謀して 1.タラちゃんの嫁のリカちゃんを支配下において、リカちゃんちを滅茶苦茶にし、リカちゃんママの実家を滅茶苦茶にし、リカちゃんパパの兄弟も殺害 [http://twitter.com/MJWF/status/258874276038471680]
  • MJWF: 2.カツオの彼女の花沢さん死亡 3.ワカメのダンナの堀川君は沖縄で崖から落ちる、親兄弟行方不明 4.全然関係ないアナゴさんちとイササカ先生の家にも押し掛けて洗脳、一家離散、行方不明、死亡者多数 アナゴさんのお母さんがドラム缶に詰められてたところで発覚 [http://twitter.com/MJWF/status/258874293943934976]

(Source: mladyjayne, via daysui)

alina-chan:

わたしはあなたをわすれない

alina-chan:

わたしはあなたをわすれない

(via xomorickyxo)

ataru-mix:

1989年 スタジオジブリ「新人アニメーター募集のお知らせ」宮崎駿・画

歴史資料として。

(via otori-r)

ミュウツー役を市村が担当したのは湯山邦彦総監督の熱心な推薦によるものである。市村は「ミュウツーの性格はオペラ座の怪人そのまま」と分析して演じたと語っており[2]、実際にも脚本を担当した首藤剛志は生前のコラムにて、湯山が市村を推薦した理由を「劇団四季時代の市村の持ち役である『オペラ座の怪人』の主人公(怪人)は、才能がありながらも暗く屈折した人物像である点でミュウツーと同質の存在と捉えたため、彼が適任と考えたのだろう」と推測していた[3]

市村はミュウツーの役を気に入り、収録現場にはミュウツーの刺繍を施した自主制作のシャツで訪れて[2]、後に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』でミュウツーのアフレコを行った際も相当な熱演であったことが現場スタッフから語られている[4]

itigo:

おととしこさえたペーパー用

itigo:

おととしこさえたペーパー用

(Source: poo-dkg)

  • MJWF: 尼崎の事件は相関図みても理解する前に投げ出してたけど、これ読んだらだいたいわかった。 (血縁関係はあるけど…)サザエがノリスケと共謀して 1.タラちゃんの嫁のリカちゃんを支配下において、リカちゃんちを滅茶苦茶にし、リカちゃんママの実家を滅茶苦茶にし、リカちゃんパパの兄弟も殺害 [http://twitter.com/MJWF/status/258874276038471680]
  • MJWF: 2.カツオの彼女の花沢さん死亡 3.ワカメのダンナの堀川君は沖縄で崖から落ちる、親兄弟行方不明 4.全然関係ないアナゴさんちとイササカ先生の家にも押し掛けて洗脳、一家離散、行方不明、死亡者多数 アナゴさんのお母さんがドラム缶に詰められてたところで発覚 [http://twitter.com/MJWF/status/258874293943934976]

(Source: uigan, via nanikano)

(Source: pema001)

"

ミュウツー役を市村が担当したのは湯山邦彦総監督の熱心な推薦によるものである。市村は「ミュウツーの性格はオペラ座の怪人そのまま」と分析して演じたと語っており[2]、実際にも脚本を担当した首藤剛志は生前のコラムにて、湯山が市村を推薦した理由を「劇団四季時代の市村の持ち役である『オペラ座の怪人』の主人公(怪人)は、才能がありながらも暗く屈折した人物像である点でミュウツーと同質の存在と捉えたため、彼が適任と考えたのだろう」と推測していた[3]

市村はミュウツーの役を気に入り、収録現場にはミュウツーの刺繍を施した自主制作のシャツで訪れて[2]、後に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』でミュウツーのアフレコを行った際も相当な熱演であったことが現場スタッフから語られている[4]

"

About:

Following: